電卓

電卓は使いやすいです。簡単に計算できる無料のオンライン電卓です。
電卓のさまざまなキーとその機能を以下に示します。

: を追加します。  
: を減算します。  
: 乗算                    
: を分割します。  
: リセット (「C」は「クリア」を意味します)
: マイナス記号。負の数を作成できます。番号を入力してから (-) を入力します。
例:
演算 -5 + 2 = -3 を実行するには、次のように入力する必要があります。
"5" の次に "(-)" の次に "+" の次に 2 の次に "="

: 入力した数値で 1 を割る
例:
数学計算 1/5 を実行するには、電卓のキーで次の操作を入力する必要があります。
"5" の次に "1 / x" の次に "=" の場合、結果は 0.2 になります。

: 電卓メモリを使用するためのキーは次のとおりです。
例:
M + : メモリ内のデータの追加
M- : メモリからデータを減算
MR : メモリーに記録された数字のリコール

メモリ内の数値で電卓を使用する例を見てみましょう:
「3 x 8 - 6 x 2 + 12 x 3 =」を計算するには、電卓の下のキーを使用します。
「3」、「X」、「8」、「=」、「M+」
「6」、「X」、「2」、「=」、「M-」
「12」、「X」、「3」、「=」、「M+」
結果を表示する「MR」
この例では、表示される結果は 48 です。実際、3 x 8 - 6 x 2 + 12 x 3 = 24 - 12 + 36 = 48

: パーセンテージ    

電卓の定義

電卓は、数学演算を実行するように設計された機械です。
これにより、計算を簡素化し、信頼性を高めることができます。電気を使い卓上でも使えるほど小型で四則演算をしてくれる機械のこと。

電卓の歴史

電卓の歴史の出発点を定義することは困難です。
確かに、人類は最初から数えます。私たちはもともと指で数えていました。
計算表はメソポタミアで使用され、機械式計算機が発明されました。
最初の電子計算機は 1960 年代に発明されました。

最初の真の計算機の発明は、ブレーズ パスカル (1623 - 1662) の功績によるものです。ブレーズ・パスカルはフランスの数学者で発明家です。彼は 1642 年頃に計算機を発明しました: パスカリーヌ (またはパスカルの計算機)。彼は設計の改良を続け、合計で約 50 台の Pascaline マシンを構築しました。

1970 年代には、ハンドヘルド電子計算機が発明されました。電卓の歴史の中でこの瞬間をマークした 3 社を挙げることができます: Texas Instruments (米国)、Casio (日本)、および Hewlett Packard (米国)。

以下は電卓の例です。
- Texas Instruments TI 2500 Datamath : これは、Texas Instruments (TI) によって製造され、1972 年半ばに導入された最初の商用計算機です。
- カシオ fx-10 : これは、カシオが作成し、1974 年に発売された最初の関数電卓です。
- HP-35 : これは、1972 年に Hewlett Packard (HP) によって発売された最初のハンドヘルド関数電卓です。

数学の 4 つのルール

4 つの基本的な算術演算は、足し算、引き算、掛け算、割り算です。

基本的な数学記号

記号記号名意味または定義
+プラス記号加算2 + 3 = 5
-マイナス記号減算5 − 3 = 2
Xタイム サイン乗算3 × 4 = 12
/分割スラッシュ分割12 / 3 = 4
=等号等号8 = 3 + 5

電卓

電卓は、論理ゲートと呼ばれる電子部品を使用して入力を結合します。他のすべての電子機器と同様に、電卓は情報をバイナリ形式で処理することによって機能します。電卓は、数を操作して超高速で結果を生成する特定の方法で配置された何百万もの論理ゲートの組み合わせです。ボタンを押すと、ゴムの下に回路が完成し、下の回路基板に電気インパルスを送ります。ポケット電卓は、トランジスタと呼ばれる小さな電子スイッチを使用して、これらすべてのことを行うことができます。電子計算機は、計算を実行するために使用される携帯用電子機器です。 TI 2500 Datamath は 1972 年半ばに導入され、Texas Instruments が製造した最初の商用計算機でした。